集客支援
Uber Eats

お客様がメニュー・レストラン・料理の種類で検索&タップ注文。現金回収不要。アプリで注文を確認し、調理開始!お客様は配達員の状況もマップ上で確認できます。

  • 話題沸騰
  • エリア拡大中
  • デリバリーサービス

解約金・違約金なし!話題の「Uber Eats」をご紹介中

Uber Eats プラットフォームを活用し、売上UP

配達の需要急増に伴い業界は急速に変化しています。現在Uber Eats の加盟店は 320,000 軒以上となり、多くのお客様に支持を受けています。サービスエリアは順次拡大中です。アンケート回答の約80%のお店様が、配達によって売上が増えたと答えています。Uber Eatsは自社のリソースを使わず、誰でも気軽に始めることが可能です。皆様のお店でも導入をしてみませんか?弊社で仮登録をお手伝い致します。
【加盟店の条件】
1.対象エリア内
2.オーナー又は代表者への申込意思
3.営業許可証のご準備
4.1日3時間以上、週4日以上の営業がある飲食店であること

利用料金
●利用スタートから5週目以降に登録手数料5万円を30週にわたって分割にてご請求しております。基本売上と相殺という形をとっており、売上金よりも分割金額が大きくなった場合は、差額分は次回へ持ち越し致します。 ※売上0の場合は請求スキップとなります。
●1回のご注文毎に35%のサービス手数料がかかります。
●30週の分割金を支払い終えずに解約する場合にも、追加請求はなされませんので、安心して始めることができます。

こんな方におススメ

  • icon
    Uber Eatsとは

    2015年12月にカナダでサービス開始した、世界36か国500都市以上、6大陸で展開するデリバリーサービスです。日本では2016年9月29日に東京でサービス開始しています。全世界で驚異的な成長を遂げており、2019年第一四半期には約5,700置く円の売上高を達成されています。従来のデリバリーサービスに比べ、多様なニーズに対応することができます。

  • icon
    人不足・人件費の悩み無用

    配達員はUberが準備するので、新しく人を雇う必要はありません。自社でデリバリーを始める場合には「車両購入・システム構築・チラシの準備・車両の維持費・配達員の確保(人件費)」など様々な準備とコストが掛かりますが、Uberなら心配無用。飲食業界が抱える課題をすんなり解決し、新しいビジネスチャンスを手に入れましょう。

  • icon
    お客様に喜ばれる点

    有名店や話題のお店の料理を並ばずに食べられるため、例えば残業時やランチで外にでることなく食事をとりたいというニーズもキャッチ。またGPSで配送先を指定できるので、お出かけ先にお届けできます。 平均約30分のスピーディーな配送、最低注文金額がない、GPSで配達員の位置を常に確認することができるなど、うれしいメリットで利用客を着実に増やしています。

スタッフより一言

皆様ご存知の通り、日本でも当たり前のサービスの1つとなりつつあるUber Eats。導入に際して初期投資が不要な点は非常にポイントが高いと感じます。
料金システム詳細ですが、メーカーが徴収代行し、そこから諸経費が差し引かれた金額が指定口座へ振り込まれます。月曜日~日曜日で集計されおり、お支払い詳細はタブレット管理画面でいつでもチェック可能。諸経費は売上から相殺されるので、初期投資なしで導入可能となります!